八重洲南口から徒歩2分 9時より診療 
お忙しく働かれている方に支持される歯科医院

症例紹介

case introduction

症例紹介

マイクロスコープによる精密虫歯治療

患者様の年齢30代男性
治療期間1ヶ月
費用の目安ジルコニアクラウン99,000円
治療のデメリット歯の神経の炎症、虫歯の再発、被せ物の脱離、破折
備考※上記はあくまでも症例です。治療の効果を保証するものではございません。

※掲載内容は、あくまでも症例です。治療の効果を保証するものではございません。

・下の表は厚生労働省が発表した平成28年版の歯科疾患実態調査からの引用です。

「D」(decayed teeth)は未処置う蝕歯
「M」(missing teeth)はう蝕が原因で抜去した歯、
「F」(filled teeth)はう蝕が原因で処置した歯、を意味します。

集団におけるう蝕経験を表す指標で、数値が大きい程う蝕経験が多いことを意味します。

今回のケースでは一度修復した場所の再治療でしたが、う蝕の進行が認められました。
再治療を防ぐためには、時間をかけて丁寧に、精度の高い治療が必要になります。
どうすればより精度の良い治療ができるか、日々考え治療を行なっています。

一覧に戻る

同じ治療内容の症例