八重洲南口から徒歩2分 9時より診療 
お忙しく働かれている方に支持される歯科医院

診療案内

TREATMENT

むし歯の治療

痛みを抑えた、
患者様の負担を軽減する治療

当院では痛みに配慮した治療を行い、
患者様の負担を軽減。
またなるべく削らない治療、神経を残す治療で、
患者様の大切な歯を守っていきます。

歯の治療が嫌いという方の多くは、治療の痛みに抵抗があるのではないでしょうか。当院ではこうした患者様の不安を少しでも和らげるために、痛みに配慮した治療を行っています。
とくに力を入れているのは、麻酔の痛みを軽減すること。
当院では注射する際の痛みを少なくするために、まず歯ぐきに表面麻酔を塗り、歯ぐきが痛みを感じにくくなってから、麻酔注射を行います。また、針は細ければ細いほど痛みを軽減することができるため、できるだけ細い針を使用。打つときにも痛みを感じる点(痛点)を避け、電動式の注射器で、ゆっくりと一定のスピードで麻酔液を入れることによって、できる限り痛みや刺激を軽くするようにしています。

必要以上に削らない、
できるだけ残す。歯を長持ちさせる。

患者様の歯を長持ちさせるMI治療

シード歯科・矯正歯科 東京の虫歯治療では、なるべく歯を削らない、
MI治療(ミニマルインターベンション)を行っています。
そして保険治療でも自費治療でも、お口の中の検査にはマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用しております。
削った虫歯部分を埋めるのに使用するのは、歯を削る量が少なくて済むコンポジットレジン(歯科用プラスチック)です。このように、さまざまな方法を用いて、なるべく患者様の歯を削らず、長持ちさせられるようにしています。
※コンポジットレジンによる治療は、すべての治療に適用できるわけではありません。二次カリエス(一度治療して再び虫歯になってしまうこと)の治療のときは適応できない可能性もございますので、ご了承ください。

神経を残す治療

神経は歯にとって、栄養を行きわたらせる役目を負う大切なもの。虫歯が重症化して神経を抜く治療を行うと、歯に栄養が行きわたらなくなり、折れたり欠けたりするリスクが高まります。
そこでシード歯科・矯正歯科 東京では、なるべく神経を残す治療をご提案しております。そのために、しっかりと診察と診断を行い、神経を残せるか、判断を行っております。
またインプラントなど自費治療の場合、高倍率でお口の中を診察できるマイクロスコープや、歯の状態を三次元的に検査することが可能な、歯科用CTを使った検査を実施しております。このほかにも神経の生死を確認する検査や、特別な薬を使って肉眼では判断しにくい歯のヒビを確認する検査など、患者様のご希望や歯の状態を見ながら、できるだけ歯を長持ちさせるような治療を行います。

高品質・短期間・長持ちする治療を
実現するシード歯科・矯正歯科の診療システム

審美歯科・虫歯・インプラント
治療の流れ

  1. STEP.1

    初診コンサルテーション

    電話やメールで予約後、最初に初診コンサルテーションを行います。
    口の中のどの部分がどのようなことで困っているのか、これまでの予防歯科に対する取り組み、歯科治療歴などを問診票にご記入ください。
    自費診療の場合は、歯周病の検査やレントゲン撮影などの診査を一度に行うことができるため、短期間での治療が可能です。

  2. STEP.2

    診査・診断

    主訴に応じてレントゲン撮影やCT、オーラルスキャナー、マイクロスコープなどを用いて歯や歯根の検査、歯周病の検査、デジタル顎運動計測器(別料金)による噛み合わせや顎の機能検査などを行います。
    当院ではアメリカの先進的な歯科病院で行われている、補綴学に基づいた多数のチェック項目による口腔内全域の詳細な診査・診断を受けることができます。
    詳細な診査・診断により、ブリッジや入れ歯、インプラント治療オプションのメリットやデメリットなどを詳しく説明し、どの治療を行うべきか治療計画を立てていきます。

  3. STEP.3

    予防プログラムと治療計画の決定

    検査によって得られた詳細なデータを元に、まず予防プログラムを作成します。
    質の高い歯科治療は歯科医院のレベルそのものですが、予防に対する取り組みも、それ以上に大切です。
    その後ワックスアップを作成して治療のゴールとなる理想的な噛み合わせを提示し、患者さんにも説明し同意の上で、同意書を作成します。
    シード歯科・矯正歯科 東京ではインプラントだけを強くお勧めすることはございません。噛み合わせを重視した入れ歯、審美歯科、インプラントなど、各治療内容をいずれもアメリカの専門医レベルで行なっている歯科治療を提供できることが強みです。

  4. STEP.4

    治療の開始

    まずは歯周初期治療、ブラッシング指導から開始し治療の下準備を行います。
    歯肉や歯周組織に問題がなければ治療計画に基づき、治療を進めていきます。

  5. STEP.5

    治療後のメインテナンス

    治療が完了した後は特に日常生活上の制限はありませんが、被せ物や入れ歯、インプラントを少しでも長持ちさせるためには、毎日のブラッシングをしっかりと行うことが大切です。
    加えて数ヵ月〜半年に1回程度、クリニックでのメインンテナンスを受け、口の中のクリーニング、レントゲン撮影、検査なども行いながら歯ぐきの炎症や噛み合わせをチェックします。

歯の保存 根管治療

日本における根管治療の成功率

根管治療とは歯の内部に細菌が侵入することで熱いものがしみる、ずきずき痛い、噛むと痛い、化膿する、歯ぐきが腫れる、脈をうつように痛いなどの症状が起こった時に行います。
むし歯で痛くなった歯の神経をとったり、被せ物をする前に根の中を綺麗にする治療のことです。
この治療は綺麗な被せ物の寿命に関わる重要な処置であり、高度な技術を元にした精密な処置が求められます。

従来の根の治療の不正効率(日本の場合)

諸外国の根の治療の成功率

シード歯科・矯正歯科 東京
根管治療の特徴

  • ○ 保険診療と自費診療が選択可能
  • ○ 保険と自費の主な違いは、器材、使用材料、治療にかけられる時間と技術です。
  • ○ 当院では、根管治療の成功率を上げるために、保険診療の場合でも最低限必要な器材、薬剤を使用しています。

精密根管治療で使用する器材

ラバーダムシート

根管治療は細菌との戦いです。 そのためお口の中の細菌が根の中に入り込むのを防ぐ必要があります。
患者様に協力していただき、歯にゴムのカバーをつけて治療することにより安全で確実な処置が可能となります。精密根管治療においては必ず使用させていただいております。

ニッケルチタンファイル
(自費診療のみ)

海外で主に使用されている道具はNiTi(ニッケルチタン)製のものですが、日本で主流のものはステンレス製のものです。大きな違いは「しなり」柔軟性と疲労強度にあります。
根管のほとんどが湾曲しています。根管内を「しなり」のない曲がらないファイルで進めばトラブルが起こることは明白です。ステンレス製のものでは細菌を除去しきれないばかりでなく、本来の根管とは違うところへ進んでしまったり、途中で止まってしまう、形を壊してしまい治療を難しくしてしまうと報告されています。

MTAセメント
(自費診療のみ)

膨張して硬化し、密閉性が高く再感染を防ぎます。またMTAセメントには細菌殺菌作用があり、治癒能力がある骨や血管再生を誘導する可能性があるとされています。
MTAセメントを使用することにより、薄くなった歯自体も硬くしてくれるため、歯が割れにくくなります。

自費診療による精密根管治療費

※治療費部分は左右スクロールにてご確認ください。

根管治療 保険診療 自費診療 紹介先専門医
隔壁の作成 治療費に含まず 治療費に含む  
根管治療(抜髄)1根管   44,000円〜(税込) 143,000円〜(税込)
感染根管治療1根管   44,000円〜(税込) 143,000円〜(税込)
感染根管の再治療 1根管   55,000円〜(税込) 165,000円〜(税込)
外科的療法(歯根端切除術)   132,000円〜(税込) 220,000円〜(税込)
外科的療法(意図的再植術)   132,000円〜(税込) 220,000円〜(税込)
  2根管+11,000円(税込)
3根管は+22,000円(税込)
 

※歯の状態によっては、自費診療、もしくは専門医による治療(紹介)をお薦めする場合がございます。

MTAセメントによるリペア
(術中に穿孔等を発見した場合に使用することがございます。)
33,000円〜(税込)
破折ファイル除去
(除去するリスクが大きい場合は、除去しないこともございます。)
33,000円(税込)
CT撮影 11,000円(税込)